【はじめの一歩】第1001話・ネタバレ&感想/1002話の予想
~狼 特攻。~
高度な駆け引きが繰り返されるヴォルグのIBF王者への挑戦試合(タイトルマッチ)。
敗色濃厚のヴォルグ。
「スピードを殺す為のボディ狙い」を徹底するヴォルグ。

予想通りの展開になりました。
ひたすらボディ狙いで意識を下の方に集中させる作戦のヴォルグ。

最後のラウンド、と決意を持って挑みます。

そしてついにその作戦が実行される時が来ました。
ボディ狙いからトレーサー(追尾)型のパンチで変化させ、
アッパーに切り替えるヴォルグ。
しかし王者はこれも読んでいました。

アッパーをがっちりガードするチャンピオン。
万事休す・・・と思わせておいて、ここで燕返しになりそうですね。
後はこれをチャンピオンが読んでいるのかどうか。

トレーナーの団は仲間であるセコンドにも策をバラしませんでした。
希望の表情を見せてしまっては、それすらも王者は「何かある」と
悟らせてしまうかもしれない、と。

慎重に慎重に事を運んだヴォルグ陣営。
最後の作戦は功を奏するのでしょうか。

1002話の予想としては、燕返しがヒットして流れを掴むも、
仕留めるまでには至らず、もつれて判定へ⇒判定負け、
または仕留めきれずにヴォルグのスタミナ切れで敗北、
という形になりそうな気がします。

この作戦を決めて一歩・千堂の前にチャンピオンになってほしいですが、
「世界の壁は高く険しい」ということを読者に伝えるために、
ここは負けてしまうかもしれませんね。

オススメの記事: