≪【黒子のバスケ】第179話のネタバレ・感想/180話の予想≫
179Qは「頭が高いぞ。」。
第4Qに突入し、残り時間は8:41で点数は洛山63-49秀徳という展開。

赤司は引き続き緑間をマーク。
緑間のシュートをアシストするために木村はスクリーンに入るが、
赤司は見ぬいてあっさりかわす。
緑間はパスを受け取ったが赤司に睨まれて動けません。
そして高尾にパスをするがカットされてしまう。
青峰曰く「赤司の眼はその一瞬を見逃さない。
あいつのDFの前では、動くことすら許されねぇ」
練習では青峰も止められていたってことなのかな?

木村と宮地は赤司を止めようとするが、高尾のように転ばされてしまう結果に。
最後の砦である大坪のブロックを前に、
赤司は根武谷にパス。
そして根武谷がダンクを決めてリードを広げる。
紫原は赤司のその眼(スキル)をこう呼んだ。
「天帝の眼(エンペラーアイ)」
「あの眼がある限り…赤チンは絶対負けない。少なくとも俺は想像できない。」

赤司を止めようとした緑間でさえも、転ばされてしまう。
赤司「たとえ『キセキの世代』でも僕に逆らうことなど、できはしない」

へたり込んでしまう緑間を宮地が「ぽかっ」と殴る。
木村と大坪が気合を入れ、緑間と高尾の前を歩く。
その背中を見て気合を入れ直す2人。

1年生コンビの連携プレイで何かをたくらむ。
2人は何をやってくれるのか?
最後の反撃を見せるのか。
洛山は未だ全力を出しておらず、強さに差があるのは明白ですが、
最後の意地を見せてくれそうです。
(無冠の五将の最後の一人も能力を見せていないですし、
5人目のスターターもまともに描かれていないかな?
この辺は決勝戦への隠し玉でしょうか。)
~黒子のバスケ179Qの感想・ネタバレ~
「180Qの予想」
緑間が言っていた「新技を見せてやる」、
これに期待ですね。
高尾とのコンビプレイで赤司の能力が及ばない技を見せるのか?
予想としては赤司を交わすために、
緑間はジャンプして受け取るようなパスをもらい、
空中のまま3Pシュートを打つとか?
又はそこから高尾へパスをして赤司を避ける?)


オススメの記事:



人気のSDカード

 

2014年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

  • 2014 (100)
  • 2013 (314)
  • 2012 (354)
  • 2011 (208)
  • 2010 (137)